太陽系外からの彗星か、地球に3億キロまで接近

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

太陽系の外から来たとみられる彗星(中央、カナダ・フランス・ハワイ望遠鏡により撮影)
太陽系の外から来たとみられる彗星(中央、カナダ・フランス・ハワイ望遠鏡により撮影)

 米航空宇宙局(NASA)は、太陽系の外から来たとみられる彗星すいせいが見つかったと発表した。確認されれば2017年に発見された小天体「オウムアムア」に続いて2例目となる。

 NASAなどによると、彗星は8月末にクリミア半島にある天文台で発見された。火星の軌道よりも遠い、太陽から4億2000万キロ・メートル離れた位置にあり、時速15万キロ・メートルで太陽に接近している。地球に最も近付くのは12月で、その際の距離は3億キロ・メートルとみられる。

 太陽系の外から来た天体には、米ハワイ大のチームが17年10月に発見したオウムアムアがある。この時は最接近の時期を過ぎてから発見され、観測できる期間が短かった。今回の彗星は大型望遠鏡を使えば20年10月頃まで観測できるという。

無断転載禁止
800145 0 テクノロジー 2019/09/17 19:44:00 2019/09/17 21:59:50 2019/09/17 21:59:50 太陽系の外から来たと見られる彗星(中央、Credits:Canada-France-Hawaii Telescope) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/09/20190917-OYT1I50046-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ