乳房再建「中断」3千人…自主回収で混乱、代替品なく

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

矢野智之・がん研有明病院形成外科部長のインタビューはこちら

 乳がん患者の乳房再建で使う人工乳房が特殊な血液がんを発症するリスクがあるとして自主回収になった影響で、代替品がなく、予定していた手術がとりやめになり、治療の中断を余儀なくされた患者が3000人超いることが、関係学会の緊急調査でわかった。自主回収が始まり間もなく2か月だが、混乱が続いている。

 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会が8月上旬、人工乳房による再建手術を行う全603医療機関に調査した。回答があった414か所で、乳房再建のため、胸の皮膚を伸ばす拡張器を挿入中の患者が3493人いた。学会は、この9割以上が人工乳房による再建手術を予定していた患者とみている。

 3493人のうち、172人が人工乳房への入れ替えなど緊急の手術が必要と報告された。拡張器が挿入されていることで、磁気共鳴画像(MRI)検査や追加のがん治療が受けられないケースなどだ。

 米食品医薬品局(FDA)が7月24日、人工乳房の挿入後に特殊な血液がんを発症した人が世界で573人おり、33人死亡していたと発表、発症リスクが高い製品の自主回収をアイルランドの製薬大手アラガンに要請した。アラガンは8月末、日本で緊急の入れ替えが必要な患者に限り、別製品の先行受注を始めた。10月中旬から本格販売を始める。

 ただ、この製品は2013年に公的医療保険の適用になったが、破損しやすいなどの問題があり、昨年、販売中止になった。治療を中断した患者は、▽再販売されるアラガン社の別製品を使う▽自分の脂肪などで乳房をつくる「自家再建」に変更する▽他社製品を待つ――などの選択を迫られている。

 ◆拡張器=風船のような袋状の医療機器。主に人工乳房による再建手術で使う。胸の下に入れ、生理食塩水で膨らませ、約6~8か月かけて皮膚などを伸ばし、人工乳房と入れ替える。

無断転載禁止
806967 0 テクノロジー 2019/09/21 15:00:00 2019/09/21 15:58:13 2019/09/21 15:58:13 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/09/20190921-OYT1I50052-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ