「ともに月面で働く日が来る」…NASA長官が日本に期待

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

インタビューに答えるNASAのジェームス・ブライデンスタイン長官(24日、東京都港区で)=池谷美帆撮影
インタビューに答えるNASAのジェームス・ブライデンスタイン長官(24日、東京都港区で)=池谷美帆撮影

 米航空宇宙局(NASA)のジェームス・ブライデンスタイン長官(44)が24日、東京都内で読売新聞のインタビューに応じ、計画中の有人月探査について「日米の宇宙飛行士がともに月面で生活し、働く日が来るだろう」と期待を示した。月面探査車などを日米共同で開発する必要性も強調した。

 米国は、現在の国際宇宙ステーション(ISS)に次ぐ新たな有人探査計画として、月の周回軌道に基地を建設し、2024年までに飛行士を月面に送り込む目標を掲げている。日本政府は年内にも計画への参加を正式に表明する見通しだ。

 ブライデンスタイン長官は「日本は基地建設で大きな役割を果たすことになるだろう」と期待をかけた。「物資を運ぶ技術が重要だ。(日本が開発を進める新型補給船)HTV―Xは月周回軌道に輸送する能力があり、大変関心を持っている」と話した。

 また、計画に参加する国の枠組みに関し、米国と対立が続くロシアとは「宇宙探査では長い間、協力関係にある。この関係は続けるべきだ」とする一方、月探査に意欲的な中国については「協力することは想定していない」と述べた。

無断転載禁止
811367 0 テクノロジー 2019/09/24 20:35:00 2019/09/24 20:35:00 2019/09/24 20:35:00 インタビューに答えるNASAのジム・ブライデンスタイン長官(24日、東京都港区で)=池谷美帆撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/09/20190924-OYT1I50059-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

ラグビーワールドカップ

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ