太陽系外惑星の発見など貢献、ノーベル物理学賞に米欧3氏

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 スウェーデン王立科学アカデミーは8日、2019年のノーベル物理学賞を、宇宙の成り立ちの解明や太陽系の外にある惑星の発見に貢献した米欧の研究者3人に贈ると発表した。

 受賞するのは、米プリンストン大のジェームズ・ピーブルズ名誉教授(84)、スイス・ジュネーブ大のミシェル・マイヨール名誉教授(77)、英ケンブリッジ大のディディエ・ケロー教授(53)の3氏。

 ピーブルズ氏は1960年代半ばから宇宙の構造に関する新たな理論を提唱。ビッグバンと呼ばれる宇宙誕生から約40万年以降に宇宙空間に広がった放射線に着目し、どれだけ物質ができたかを計算した。その結果、星や私たちの体などを構成する物質は、宇宙全体のわずか5%に過ぎないことが明らかになり、その後の人工衛星の観測でも裏付けられた。

 一方、マイヨール、ケロー両氏は95年、フランス南部の望遠鏡を使い、50光年離れた銀河に惑星があることを発見。太陽系外にも惑星があることを観測で初めて明らかにした。現在では、系外惑星の発見は4000を超えており、地球に似た環境の惑星探しが盛んになる起点となった。

 田村元秀・東京大教授(系外惑星天文学)は「3氏の業績は、宇宙のイメージを変えるような偉大な功績」と評価。系外惑星の発見については「これまで推定するしかなかった太陽系外の様子を観測データで明らかにした」と話す。

 賞金900万スウェーデン・クローナ(約9700万円)は半分がピーブルズ氏に贈られ、残りの半分をマイヨール氏とケロー氏で等分する。授賞式は、アルフレッド・ノーベルの命日に当たる12月10日、ストックホルムで開かれる。

 スウェーデン王立科学アカデミーは8日、2019年のノーベル物理学賞を、宇宙の成り立ちの解明や太陽系の外にある惑星の発見に貢献した米欧の研究者3人に贈ると発表した。

 受賞するのは、米プリンストン大のジェームズ・ピーブルズ名誉教授(84)、スイス・ジュネーブ大のミシェル・マイヨール名誉教授(77)、英ケンブリッジ大のディディエ・ケロー教授(53)の3氏。

 ピーブルズ氏は1960年代半ばから宇宙の構造に関する新たな理論を提唱。ビッグバンと呼ばれる宇宙誕生から約40万年以降に宇宙空間に広がった放射線に着目し、どれだけ物質ができたかを計算した。その結果、星や私たちの体などを構成する物質は、宇宙全体のわずか5%に過ぎないことが明らかになり、その後の人工衛星の観測でも裏付けられた。

 一方、マイヨール、ケロー両氏は95年、フランス南部の望遠鏡を使い、50光年離れた銀河に惑星があることを発見。太陽系外にも惑星があることを観測で初めて明らかにした。現在では、系外惑星の発見は4000を超えており、地球に似た環境の惑星探しが盛んになる起点となった。

 田村元秀・東京大教授(系外惑星天文学)は「3氏の業績は、宇宙のイメージを変えるような偉大な功績」と評価。系外惑星の発見については「これまで推定するしかなかった太陽系外の様子を観測データで明らかにした」と話す。

 賞金900万スウェーデン・クローナ(約9700万円)は半分がピーブルズ氏に贈られ、残りの半分をマイヨール氏とケロー氏で等分する。授賞式は、アルフレッド・ノーベルの命日に当たる12月10日、ストックホルムで開かれる。

無断転載禁止
835649 0 テクノロジー 2019/10/08 21:16:00 2019/10/08 21:16:30 2019/10/08 21:16:30

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ