急に走る・飛び降りる…インフル感染、異常行動42人

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 インフルエンザにかかり、急に走り出す、飛び降りるなどの異常行動を起こした患者が、昨シーズンで42人に上ることが、厚生労働省の調査でわかった。29日に開かれた同省の有識者会合で報告された。昨年9月から今年8月までに製薬企業から報告があったケースを調べた。服用した治療薬別にみると、タミフルが19人と最も多く、昨年発売された新しい治療薬「ゾフルーザ」は16人。このほか、リレンザが4人、イナビルが3人で、いずれも10歳代以下が多かった。

無断転載禁止
872157 0 テクノロジー 2019/10/30 08:06:00 2019/10/30 08:11:06 2019/10/30 08:11:06

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

参考画像
100円割引
参考画像
5000円以上お買上で5%OFF(マイカーで御来店のお客様のみ、特価品、食料品は除く)

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ