認知症の薬開発で追跡調査…中高年2万人を公募

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 認知症の治療薬や予防薬の開発を目指し、東大の研究チームは31日、健康な中高年を対象にインターネットを通した追跡調査を始めた。認知症の研究としては国内最大規模といい、50~85歳の調査対象者約2万人を公募している。

 認知症の約7割を占めるアルツハイマー病では、症状の進行を抑える薬はあるが、根本的な治療を図る薬の開発は難航してきた。原因とされるたんぱく質が、発症の15~20年前から脳内に蓄積されるので、すでに症状が出た人には、効果的な治療は難しいと考えられるためだ。まだ自覚症状のない「超早期」の人へのアプローチが求められていた。

 研究では、専用のウェブサイトで、都道府県や年齢などを登録してもらい、認知機能を測るテストを3か月に1度繰り返す。記憶力や思考力などを評価し、変化を調べる。アルツハイマー病になる可能性が高いと疑われる人には、希望により医療機関で詳しい検査を行う。さらに、条件が合えば、新薬の臨床試験への参加を支援する。

 研究チーム代表の岩坪威教授(神経病理学)は、「自分の認知機能を客観的に把握する機会になる。治療薬を開発する力になってほしい」と参加を呼びかけている。

 研究の詳細や参加登録は、専用ウェブサイト(https://www.j-trc.org/)から。

無断転載禁止
875601 0 テクノロジー 2019/11/01 05:00:00 2019/11/01 08:11:47 2019/11/01 08:11:47

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ