はやぶさ2のイオンエンジン試運転開始…1年5か月ぶり

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 宇宙航空研究開発機構(JAXAジャクサ)は20日、小惑星リュウグウから地球に戻る探査機はやぶさ2のイオンエンジンの試運転を開始した。

 イオンエンジンは、はやぶさ2のメインエンジン。この日は4基のうち3基を順番に噴射し、正常に作動することを確認した。

 イオンエンジンの起動は、はやぶさ2がリュウグウに到着した2018年6月以来、約1年5か月ぶり。今後約2週間かけて試運転を続け、12月3日以降に本格的に噴射する。

 その後、約8億キロ・メートルを飛行し、1年後の20年12月頃に地球に近付く。リュウグウの砂や石が入っているとみられるカプセルを、オーストラリアの砂漠地帯に放出する予定になっている。

 イオンエンジンは、キセノンという気体に電波を当てて、電気を帯びた「イオン」と呼ばれる状態にしたうえで噴射する。推進力は弱いが燃費がよく、長距離の飛行に向いている。初代はやぶさではイオンエンジンの故障が相次いだため、はやぶさ2は改良型を使っている。

無断転載禁止
908861 0 テクノロジー 2019/11/20 15:26:00 2019/11/20 20:30:13 2019/11/20 20:30:13

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ