そううつ病と統合失調症「共通する特徴」…患者の脳内に発見

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 特殊なMRI(磁気共鳴画像)検査で約3000人の脳を調べたところ、統合失調症と双極性障害(そううつ病)と診断された人に共通する特徴が見つかったという論文を、国立精神・神経医療研究センター(東京都)などの研究チームが29日、国際医学誌に発表した。精神疾患を診断する際の客観的な基準づくりや新たな治療法の開発につながる可能性がある。

 今回の研究対象は、統合失調症、双極性障害、自閉症スペクトラム障害、うつ病と診断された計1431人と、精神疾患と診断されていない1506人。国内の12医療機関で2005~17年、脳内の神経線維の状況を調べる「拡散強調MRI」検査を行った。

 統合失調症と双極性障害の患者は、脳内の情報伝達の効率を示す指標が低下するなど、複数の共通する特徴が見つかった。一方、うつ病では、病気のない人との違いはなかった。

 精神疾患の診断は、症状や経過を基に行われる。客観的な指標はなく、医師の経験に左右されることも多い。病気の原因もよく分かっておらず、最近はMRIなどを使い、脳内の変化を調べる研究が進んでいる。

 同センターの橋本亮太・精神疾患病態研究部長は、「統合失調症と双極性障害に共通する脳内の特徴が大規模な調査で認められたのは初めて。さらなる研究を進めたい」と話している。

無断転載禁止
923828 0 テクノロジー 2019/11/29 12:03:00 2019/11/29 12:09:21 2019/11/29 12:09:21

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ