吉野彰さん「やっと実感わいた」、久美子さん「夫はすごい人」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ノーベル賞の授賞式を終え、化学賞のメダルを手に笑顔を見せる吉野彰さん(左)と妻の久美子さん(10日午後、ストックホルムで)=代表撮影
ノーベル賞の授賞式を終え、化学賞のメダルを手に笑顔を見せる吉野彰さん(左)と妻の久美子さん(10日午後、ストックホルムで)=代表撮影

 【ストックホルム=船越翔、稲村雄輝】ノーベル化学賞を受賞した吉野彰・旭化成名誉フェロー(71)は10日夜(日本時間11日未明)、ストックホルム市庁舎で行われた授賞式後の晩さん会に出席し、約1350人の招待者たちと華やかな時を過ごした。

 吉野さんは妻の久美子さん(71)をエスコートし、色とりどりの花で飾られた大広間「青の間」に入場し、広間中央の「栄光のテーブル」に、スウェーデンのカール16世グスタフ国王らと着席、料理を味わいながら歓談した。

 席上、化学賞を共同受賞した米ニューヨーク州立大ビンガムトン校のスタンリー・ウィッティンガム卓越教授(77)がスピーチ。吉野さんら共同受賞者3人による研究が日英米で行われたことから「科学は世界中の努力で成り立つと、改めて示された。科学に地理的境界はない」と語った。

 宿泊先のホテルに戻った吉野さんは報道陣に「やっとノーベル賞を受賞したと実感がわいてきた。メダルはずっしりと重かった」と満足そうに語った。久美子さんは「(夫は)すごい人だと思いました」と、終始笑顔だった。

無断転載禁止
945068 0 テクノロジー 2019/12/11 15:01:00 2019/12/11 15:01:00 2019/12/11 15:01:00  ノーベル賞授賞式を終え、化学賞のメダルを手に笑顔を見せる旭化成名誉フェローの吉野彰さん(左)と妻久美子さん=10日午後5時54分、ストックホルムのコンサートホール(代表撮影) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/12/20191211-OYT1I50043-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ