小型ロケット「MOMO5号機」、打ち上げ中止…「仕切り直して考えていく」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 宇宙新興企業インターステラテクノロジズ(北海道大樹たいき町)は2日、大樹町で3日までに予定していた小型ロケット「MOMOモモ5号機」(全長10メートル、重さ1・15トン)の打ち上げを中止すると発表した。当初は昨年12月29日に打ち上げる予定だったが、トラブルや悪天候で延期が続き、1日に起きた電子機器トラブルの対策に時間がかかることが判明した。

 同社は今回、冬季の打ち上げに初めて挑戦していた。稲川貴大社長(32)は記者会見で、今後の打ち上げ時期について「仕切り直して考えていく」と述べた。

無断転載禁止
980497 0 テクノロジー 2020/01/02 18:36:00 2020/01/02 20:57:54 2020/01/02 20:57:54

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ