静岡県内に「スマートシティー」…トヨタ従業員ら2千人居住を想定

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ラスベガス(米ネバダ州)=仁木翔大、小林泰明】家電・情報技術(IT)の展示会「CES」が7日からラスベガスで開幕するのを前に、日本の自動車大手や電機大手がITに関連する構想や技術を発表した。

 トヨタ自動車は6日(日本時間7日朝)、最先端のITで便利な暮らしを実現する「スマートシティー」を、静岡県裾野市で2021年初めに着工すると発表した。

スマートシティー構想を発表するトヨタの豊田章男社長(米ラスベガスで)=小林泰明撮影
スマートシティー構想を発表するトヨタの豊田章男社長(米ラスベガスで)=小林泰明撮影

 自動運転車や住宅設備、ロボットなどをインターネットでつなげる実証実験とし、20年末に閉鎖予定のトヨタの工場跡地に設ける。広さは約70万平方メートルと明治神宮程度の大きさで、トヨタ従業員など約2000人が住む想定という。

 トヨタは、開発中の電気自動車(EV)「イー・パレット」を街で自動走行させ、移動手段のほか移動型の店舗などとしても活用する。建物は主に木材で造り、燃料電池や太陽光発電を設置するなど、環境の持続可能性にも配慮した都市とする。

 トヨタの豊田章男社長は「ゼロから街を作り上げることは、将来技術の開発に向けてユニークな機会となる」と話した。

 トヨタは自動車メーカーから、移動に関するサービスを提供する企業に転換する方針を示している。

自社センサーを搭載した試作車を披露するソニーの吉田憲一郎社長(米ラスベガスで)=小林泰明撮影
自社センサーを搭載した試作車を披露するソニーの吉田憲一郎社長(米ラスベガスで)=小林泰明撮影

 ソニーは、人や物を検知する同社のセンサーを約30個搭載し、安全運転を支援する試作EVを発表した。20年度に公道での走行実験を目指す。発表会で吉田憲一郎社長は「この試作車はモビリティー(移動手段)の未来に私たちがどう貢献するかを体現している」と話した。

 パナソニックは、米企業と共同開発したEVの消防車を公開した。インターネットを通じてデータを管理する「クラウド」で遠隔管理するのが特徴だ。

無断転載禁止
987568 0 テクノロジー 2020/01/07 11:13:00 2020/01/07 20:38:38 2020/01/07 20:38:38 「コネクティッド・シティー(つながる都市)」構想を発表するトヨタの豊田章男社長(米ラスベガスで)=小林泰明撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200107-OYT1I50028-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ