読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

栗東トレセン「馬の寝床」でバイオマス発電…年に数千万円の売電収入も

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

栗東トレーニング・センター内に設けられたバイオマス発電施設=井上敬雄撮影
栗東トレーニング・センター内に設けられたバイオマス発電施設=井上敬雄撮影

 日本中央競馬会(JRA)が、西日本の競走馬の調教拠点「栗東トレーニング・センター」(滋賀県栗東市)でサラブレッドの寝床に使った木くずや稲わらを利用したバイオマス発電を開始した。JRAでは初の試みで、2023年には東日本の「美浦みほトレーニング・センター」(茨城県美浦村)でも始める。大気中の二酸化炭素(CO2)削減につながるバイオマス発電で得た電力を再利用し、地球温暖化の緩和に貢献するのが狙い。

 生物資源を燃やすバイオマス発電は、地球環境に優しい発電方式と注目されている。バイオマス燃料を燃やしても、原料の樹木や植物などが成長過程で吸収してきた分のCO2を排出するだけで、大気への影響はないとみなされる。

 JRAは総工費約36億円で、栗東トレセン内に木くずや稲わらの燃焼、発電施設を完備し、昨年11月に稼働を始めた。1日58・5トンの処理が可能で、木くずや稲わらに付いた馬ふんも一緒に燃やすことができる。年間の最大発電量は410万キロ・ワット時で、一般家庭934世帯分に相当する。これで栗東トレセンの燃焼、発電施設に必要な全電力を賄い、残りで年間数千万円の売電収入も見込んでいる。

 2000頭以上の競走馬がいる栗東トレセンからは、馬の寝床に使われ、ふんで汚れた木くずや稲わらが1日約55トンも排出される。これまでは堆肥たいひにして販売していたが、取引先の都合で契約を打ち切られるなど不安定で、堆肥にするのに1~2か月発酵させるため臭いの問題もあった。JRAの担当者は「生物資源の木くずやわらをクリーンエネルギー創出に活用することで、環境にかかる負担を低減させたい」としている。

無断転載・複製を禁じます
987922 0 科学・IT 2020/01/07 14:31:00 2020/01/07 14:31:00 2020/01/07 14:31:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200107-OYT1I50045-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)