量子暗号通信、大容量の遺伝子情報伝送に成功…東芝と東北大が世界初

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東芝と東北大学は14日、盗聴やハッキングなどが理論上不可能な量子暗号通信を使って、大容量の遺伝子情報を伝送する実験に世界で初めて成功したと発表した。東芝は2020年度に量子暗号通信を実用化する計画で、金融機関による顧客や取引情報保護のほか、政府や医療機関での採用を目指している。今回の実験により、遺伝子情報分野での活用にめどがついた形だ。

 実験は2019年7~8月に2回行われた。東芝の研究施設(仙台市青葉区)から約7キロ・メートル離れた東北大まで光ファイバーの専用回線を使い、合計24人分の全ての遺伝子情報(全ゲノム配列データ)を送信した。その容量は、数百ギガ・バイトを超え、インターネットでダウンロード出来る一般的な映画の100本以上に相当する。

 遺伝子情報は個人情報の塊で、厳格な管理が求められるため、量子暗号通信の技術を活用する有力分野だとみられている。

無断転載禁止
1000506 0 テクノロジー 2020/01/14 22:14:00 2020/01/14 22:14:00 2020/01/14 22:14:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ