スペースX社の新宇宙船、最終安全試験に成功…数か月以内に有人で試験

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

開発中の米民間有人宇宙船「ドラゴン」をロケットに搭載して打ち上げた最終安全試験(米フロリダ州で)=ロイター
開発中の米民間有人宇宙船「ドラゴン」をロケットに搭載して打ち上げた最終安全試験(米フロリダ州で)=ロイター

 【ワシントン=船越翔】米航空宇宙局(NASA)は19日、宇宙企業スペースX社が開発する有人宇宙船「ドラゴン」の最終安全試験に成功したと発表した。数か月以内に宇宙飛行士を乗せた初の飛行試験を行う見込みで、スペースシャトルが退役した2011年から途絶えていた米国の有人宇宙飛行の再開に、大きく近づいた。

 19日午前にフロリダ州で行われた安全試験は、宇宙船を載せたロケットに異常が生じたと想定し、緊急脱出できるかを確認した。無人のドラゴンはロケットから打ち上げ直後に切り離され、パラシュートを開いて大西洋沖に着水した。

 NASAのブライデンスタイン長官は「今回の試験で、米国の宇宙飛行士を米国のロケットで再び打ち上げる準備が整った」とツイッターに書き込んだ。

 米国では現在、飛行士を国際宇宙ステーション(ISS)に送る手段がロシアの宇宙船「ソユーズ」だけで、NASAは同社とボーイングの2社に有人宇宙船の開発を委託している。ボーイング社の新型宇宙船「スターライナー」は昨年12月の無人試験で、軌道投入に失敗した。

無断転載禁止
1009075 0 テクノロジー 2020/01/20 11:51:00 2020/01/20 11:51:00 2020/01/20 11:51:00 A SpaceX Falcon 9 rocket, carrying the Crew Dragon astronaut capsule, lifts off on an in-flight abort test , a key milestone before flying humans in 2020 under NASA's commercial crew program, from the Kennedy Space Center in Cape Canaveral, Florida, U.S. January 19, 2020. REUTERS/Steve Nesius https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200120-OYT1I50025-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ