新型コロナ、武漢で5500人規模…北海道大チーム推計

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 中国・武漢市を中心に新型コロナウイルスによる肺炎患者が相次いでいる問題で、北海道大の西浦博教授(理論疫学)らの研究チームは、24日時点で武漢市内だけで患者数は5500人規模に広がっていると推計する論文を医学専門誌に発表した。

 研究チームは、24日までに日本や米国、タイなど中国国外で報告された13人の感染者のデータや、武漢空港の利用者数などから感染率を出し、それを武漢市の人口約1100万人と掛け合わせた。

 西浦教授は「中国国内の感染者の診断・報告システムは十分に機能していない可能性がある」と指摘している。

無断転載・複製を禁じます
1019810 0 科学・IT 2020/01/25 22:38:00 2020/03/09 14:51:56 2020/03/09 14:51:56

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ