iPSから心筋細胞シート、重症患者に移植…阪大初実施

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

iPS細胞を使った治療について記者会見する大阪大の澤芳樹教授(右)(27日午後、大阪府吹田市で)=野本裕人撮影
iPS細胞を使った治療について記者会見する大阪大の澤芳樹教授(右)(27日午後、大阪府吹田市で)=野本裕人撮影

 大阪大は27日、人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から心臓の筋肉細胞のシートを作り、重い心臓病患者に移植する世界初の治療を実施したと発表した。安全性や有効性を調べる治験で、3年間で計10人の患者に行い、5年以内の実用化を目指す。

 澤芳樹教授(心臓血管外科)らのチームは、京都大が備蓄する医療用iPS細胞から心筋細胞を作り、直径4~5センチ、厚さ0・1ミリのシートに加工した。1例目は、大阪大病院で1月、血管が詰まって心臓の一部が壊死(えし)する虚血性心筋症の患者の心臓表面に3枚を貼り付けた。

 手術後の経過は順調で、患者は27日に一般病室へ移った。今後1年かけて、がん化しないかどうかや治療効果を確かめる。移植した細胞の数は計1億個。移植後3か月間は拒絶反応を抑える免疫抑制剤を使う。

 移植したシートは自ら拍動して心臓の機能を助けるとともに、心筋再生を促す成分を放出し、弱った心臓を改善させる効果が期待できるという。治療の対象となる虚血性心筋症は、国内で年間数千~数万人が発症するとみられる。

 阪大は2018年、安全性などを調べる臨床研究について国の承認を得たが、直後に大阪北部地震で研究施設が被災し実施が遅れていた。今回、臨床研究よりも基準が厳格である治験を始め、実用化への動きを加速させる。

 iPS細胞を使った移植手術は、国内では目の網膜や角膜の病気、パーキンソン病で実施され、今回で4種類目。心臓病への応用は慶応大も計画している。

無断転載・複製を禁じます
1022169 0 医療・健康 2020/01/27 20:09:00 2020/02/06 16:57:05 2020/02/06 16:57:05 iPS細胞から作製した心筋細胞シートについて説明する大阪大の澤芳樹教授(右)(27日午後4時11分、大阪大吹田キャンパスで)=野本裕人撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200127-OYT1I50060-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ