逗子の土砂崩れ、風化した「もろい」凝灰岩が崩落か

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 神奈川県逗子市の土砂崩れは、大雨や地震がない中で突然起きた。専門家は、火山灰などが固まってできた「凝灰岩」が風化してもろくなり、崩落した可能性を指摘する。

 横須賀市自然・人文博物館の柴田健一郎学芸員によると、現場周辺は、火山灰などが約400万~約250万年前に堆積たいせきしてできた凝灰岩が広く分布している。東京電機大の安田進名誉教授(地盤工学)は、「凝灰岩は地表面で風雨にさらされたり、寒暖によって膨張と収縮を繰り返したりすると、風化を起こして崩れやすくなる」と話す。

 斜面は通常、大雨で地盤が緩んだり、地震で強い衝撃が加わったりすると崩れやすい。ただ、風化が激しいところでは、風による樹木の揺れや、大型車両が付近を通る振動などが引き金になることもあるという。

 安田さんは「今後、同様のことが周辺で起きる可能性はある。早急に地盤の点検を行い、補強工事など適切な対策を取るべきだ」と指摘した。

無断転載禁止
1039210 0 テクノロジー 2020/02/05 22:33:00 2020/02/05 22:33:00 2020/02/05 22:33:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

参考画像
100円割引
参考画像
5000円以上お買上で5%OFF(マイカーで御来店のお客様のみ、特価品、食料品は除く)

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ