国産「H3」ロケット新型エンジン公開…燃焼試験に成功

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 宇宙航空研究開発機構(JAXAジャクサ)と三菱重工業は14日、2020年度後半の打ち上げを目指す次世代国産ロケット「H3」の新型エンジン「LE―9」を、秋田県大館市にある同社の試験場で公開した。

 前日の13日には、3基そろった新型エンジンの燃焼試験に成功し、JAXAの岡田匡史まさしプロジェクトマネージャは「打ち上げに向けて、大きな山を越えた」と話した。

 LE―9は、2段式ロケットの1段目のエンジン。現在の主力ロケット「H2A」の1段目エンジンが1基なのに対し、H3は最大3基で打ち上げる。3基そろった状態で公開されるのは、今回が初めて。

 新型エンジンは、H2Aに比べて推力が約1・4倍あり、より大きな衛星の搭載や、複数の小型衛星の同時打ち上げにも対応できる。

 開発を担う三菱重工業は、部品の一部を3Dプリンターで造るなどしてコストを削減。H3の価格は、H2Aの約半分にあたる約50億円と見込む。

無断転載禁止
1053468 0 テクノロジー 2020/02/14 18:29:00 2020/02/14 20:36:01 2020/02/14 20:36:01

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ