台風19号の豪雨、近くの湿度「100%」大気層が原因…京大チーム

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 関東や東北などに甚大な被害をもたらした昨年10月の令和元年東日本台風(台風19号)による記録的な豪雨は、極度に湿った不安定な大気層が原因だったとする分析結果を、京都大防災研究所のチームが発表した。論文が21日、日本気象学会発行の国際科学誌電子版に掲載される。

 この台風では、神奈川県箱根町で1日の雨量が日本の観測史上1位の922・5ミリとなるなど、各地で記録的豪雨を観測。堤防の決壊や河川の氾濫が同時多発的に起こり、多くの犠牲者や家屋被害を出した。

 チームの竹見哲也准教授(気象学)らは、当時の気象庁の観測データを分析。台風が日本列島に接近した昨年10月12日頃、大雨をもたらす積乱雲を作りやすい「MAUL(モール)」と呼ばれる大気層が、台風周囲の上空約2キロにできていたことを確認した。

 モールは、温かい海水から生じた大量の水蒸気が大気に流れ込み、湿度が100%に近い状態になれば出現する。台風の北上に伴い、関東周辺の山地にモールがぶつかって上昇した結果、多くの積乱雲が発達し、各地に大雨を降らせたとみられるという。竹見准教授は「地球温暖化により、今後モールを伴う台風が増える恐れがある」と話している。

 坪木和久・名古屋大教授(気象学)の話「モールという新しい視点で、台風による豪雨を説明した重要な成果。豪雨予測にも使える可能性があるだろう」

無断転載禁止
1064339 0 科学・IT 2020/02/21 02:00:00 2020/02/21 02:03:22 2020/02/21 02:03:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/02/20200220-OYT1I50067-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ