国内最大級の草食恐竜か、肋骨化石を天草で発見

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

見つかった大型草食恐竜の肋骨化石(天草市立御所浦白亜紀資料館・福井県立恐竜博物館提供)
見つかった大型草食恐竜の肋骨化石(天草市立御所浦白亜紀資料館・福井県立恐竜博物館提供)

 熊本県天草市立御所浦白亜紀資料館と福井県立恐竜博物館は、天草市・御所浦島の白亜紀前期(約1億年前)の地層から大型草食恐竜の肋骨ろっこつ化石が見つかったと発表した。推定される全長は約15メートルで、九州で発見された恐竜では最大、国内でも最大級という。

 両館によると、化石(長さ42センチ、幅18センチ、厚さ9センチ)は1999年、御所浦層群・烏帽子えぼし層で見つかった。両館の調査研究で、大型の草食恐竜である竜脚類の右肋骨の一部と判明した。復元した肋骨の長さは1・4メートルだった。

 竜脚類は長い首と尾が特徴で、四足歩行をしていたとみられる。九州では、北九州市(約1億3000万年前)、天草市・下島と鹿児島県薩摩川内市(約8000万年前)で化石が見つかっており、今回の肋骨化石は二つの時代の間をつなぐものとなる。

 同資料館の広瀬浩司学芸員は「御所浦島で竜脚類が見つかったのは初めて。調べていない化石も多く、さらなる発見が期待できる」としている。同資料館では5月10日まで、実物化石と復元肋骨を展示する。

無断転載・複製を禁じます
1079455 0 科学・IT 2020/02/29 13:48:00 2020/02/29 14:49:36 2020/02/29 14:49:36 発掘された化石(天草市立御所浦白亜紀資料館・福井県立恐竜博物館提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/02/20200229-OYT1I50038-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ