中国、次世代主力ロケット打ち上げ失敗…飛行中に異常発生

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【北京=中川孝之】中国国営新華社通信によると、中国の次世代主力ロケット「長征7号」が16日夜、南部・海南島の文昌衛星発射センターから打ち上げられたが、飛行に失敗した。ロケットに何らかの異常が発生したという。

 長征7号は2016年6月に初めて人工衛星を、17年4月には宇宙貨物船「天舟1号」を搭載して打ち上げられた。新華社通信は、今回は改良した機体の初の打ち上げと伝えたが、搭載物は明らかにしていない。

 同じ発射センターでは17年7月、より大型の「長征5号」が打ち上げに失敗し、人工衛星が海上に落下した。

無断転載・複製を禁じます
1113606 0 科学・IT 2020/03/17 19:23:00 2020/03/17 19:23:00 2020/03/17 19:23:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ