中国伝統薬の材料として珍重、絶滅危機の希少哺乳類からコロナウイルス

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

センザンコウ(ロイター)
センザンコウ(ロイター)

 希少哺乳類「センザンコウ」から新型コロナウイルスに似たコロナウイルスが見つかったと、香港大などの研究チームが発表した。論文が26日、英科学誌ネイチャーに掲載された。

 チームは、2017年以降に中国への密輸で差し押さえられた「マレーセンザンコウ」約30匹の肺や腸などの試料を分析した。センザンコウのコロナウイルスと新型ウイルスのゲノム(全遺伝情報)の配列は85~92%一致。ウイルスが細胞に入る時に使うたんぱく質を比べると、アミノ酸の配列が新型と97%一致するウイルスもあった。

 現在人に流行している新型は、コウモリから別の動物を経て人間に感染したとみられるが、研究チームはセンザンコウが媒介したかは不明としている。

 世界自然保護基金(WWF)ジャパンによると、センザンコウは大きさ30~85センチ程度で、全身を覆ううろこは中国の伝統薬の材料として珍重される。密売が盛んに行われ、アジアとアフリカに分布する全8種が絶滅の危機に直面しているという。

 「人と動物の共通感染症研究会」会長の苅和宏明・北海道大教授(ウイルス学)の話「人にとって危険なウイルスである可能性がある。センザンコウを含む希少な野生動物の市場での取り扱いは、避けた方が良いだろう」

無断転載禁止
1132918 0 科学・IT 2020/03/27 21:05:00 2020/03/27 21:05:00 2020/03/27 21:05:00 A pangolin walks during a news conference after Thai customs confiscated 136 live pangolins, in Bangkok, Thailand August 31, 2017. REUTERS/Prapan Chankaew - RC1B589B6170★2020年3月27日国際部がロイターから購入 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/03/20200327-OYT1I50057-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ