水星へ「大事な第一歩」…探査機「みお」、10日午後にスイングバイで軌道変更

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

水星探査機「みお」のイメージ図(JAXA提供)
水星探査機「みお」のイメージ図(JAXA提供)

 2018年に打ち上げられた日欧の水星探査機2機が10日午後、地球の重力を利用して軌道を変える「スイングバイ」に挑む。25年末の水星到着まで約88億キロ・メートルに及ぶ長旅の最初の関門で、成功すれば、地球を離れて太陽系の内側への航路を進むことになる。

 2機は、宇宙航空研究開発機構(JAXAジャクサ)の水星磁気圏探査機「みお」と、欧州宇宙機関(ESA)の水星表面探査機「MPO」。18年10月に南米・仏領ギアナから2機一緒に打ち上げられた後、地球の近くを約14億キロ・メートル飛行し、搭載機器の機能を確認してきた。

 水星には、探査機を徐々に減速させて近付く必要がある。初のスイングバイでは10日午後1時25分頃、高度約1万2600キロ・メートルまで地球に接近し、その重力を使って速度を落とす。さらにその後も金星で2回、水星で6回、スイングバイを実施する。

 プロジェクトに携わる村上豪・JAXA宇宙科学研究所助教は「大事な第一歩。一度でも失敗すれば水星にたどり着けないが、運用の準備は既に完了しており、胸を張って送り出したい」と話す。

 今回の水星探査は、日欧が協力して行う初の惑星探査で、スイングバイ航法を考案したイタリアの天文学者ジュゼッペ・コロンボにちなみ、「ベピコロンボ」計画と呼ばれる。みおは水星の磁場や大気などの周辺環境、MPOは表面や内部を詳しく観測する予定だ。

無断転載禁止
1154235 0 科学・IT 2020/04/08 11:47:00 2020/04/08 14:56:56 2020/04/08 14:56:56 水星磁気圏探査機「みお」のイメージ図(JAXA提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/04/20200408-OYT1I50026-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

東京都知事選2020特集ページ
一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ