猫との距離も保って…感染広がる可能性、東大教授「室内飼いが望ましい」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染が猫の間で広がる可能性があると、東京大などのチームが発表した。論文が14日、米医学誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」に掲載された。

 チームの河岡義裕・東京大教授(ウイルス学)によると、実験は米大学で行われ、人から分離したウイルスに感染させた猫と未感染の猫で3組のペアを作り、それぞれ同じケージで飼育した。2~5日後に3組とも未感染だった猫の鼻からウイルスが検出された。河岡教授は「今回の成果は猫から人に感染することを示したものではない」としつつ、「飼い猫は室内で飼うのが望ましい」と話した。

 水谷哲也・東京農工大教授(ウイルス学)の話「実験では猫に目立った症状はなく、猫が重症になる可能性は低そうだ。(人からの感染を避けるため)猫との距離も適度に保つことなどを心がけるべきだ」

無断転載禁止
1220016 0 科学・IT 2020/05/14 15:05:00 2020/05/14 15:05:00 2020/05/14 15:05:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

東京都知事選2020特集ページ
一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ