福島3号機水素爆発、原因分析に地元テレビ局の映像活用…規制委

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京電力福島第一原子力発電所事故について、原子力規制委員会の事故原因の調査を行う検討会は、3号機原子炉建屋で起きた水素爆発について、地元テレビ局の映像を使った分析を始めた。炎の色や爆発のタイミングから、水素の量や爆発規模などを詳細に調べる方針だ。

 規制委は昨年、事故原因の究明作業を再開し、3号機については12月に原子炉建屋に立ち入った。現地調査で得られた新たな知見も合わせて映像を分析することで、爆発原因などに迫る。

 分析に使うのは福島中央テレビ(福島県郡山市)の映像で、建屋がオレンジ色の炎とともに空高く黒煙を上げて爆発する様子が映っている。

 2011年3月11日の東日本大震災で1~3号機は炉心溶融を起こし、3号機は震災3日後の3月14日午前、建屋が水素爆発した。3号機は、爆発で大きく破損した部分が、建屋の東南部や3階の天井の一部に偏るなどの特徴があるという。

無断転載禁止
1230291 0 テクノロジー 2020/05/20 12:05:00 2020/05/20 12:05:00 2020/05/20 12:05:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
10000円9000円
NEW
参考画像
クーポンご提示のお客様に粗品プレゼント
NEW
参考画像
4200円3780円
NEW
参考画像
1560円1300円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ