読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

無人補給船「こうのとり」最後の打ち上げも成功

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

無人補給船「こうのとり」9号機を搭載し、打ち上げられるH2Bロケット9号機(21日午前2時31分、鹿児島県南種子町で)=木佐貫冬星撮影
無人補給船「こうのとり」9号機を搭載し、打ち上げられるH2Bロケット9号機(21日午前2時31分、鹿児島県南種子町で)=木佐貫冬星撮影

 国際宇宙ステーション(ISS)へ物資を輸送する宇宙航空研究開発機構(JAXAジャクサ)の無人補給船「HTV(こうのとり)」9号機が21日午前2時31分、種子島宇宙センター(鹿児島県南種子町)からH2Bロケットで打ち上げられた。三菱重工業によると、約15分後に予定の軌道に投入され、打ち上げは成功した。こうのとりの打ち上げは今回が最後で、H2Bも引退する。

右から左へアーチを描くH2Bロケットの光跡(手前は桜島)(21日午前2時30分から約8分間露光、鹿児島市で)=尾崎孝撮影
右から左へアーチを描くH2Bロケットの光跡(手前は桜島)(21日午前2時30分から約8分間露光、鹿児島市で)=尾崎孝撮影

 こうのとりを運んできたH2Bの打ち上げは9回連続の成功となり、成功率100%で役割を終えた。宇宙飛行士の水や食料、電源用の大型バッテリーなど約6・2トンの物資を搭載したこうのとりは順調に飛行を続けており、25日夜にISSに到着する見通し。1~2か月後、不用品を積み込んで大気圏に再突入して燃え尽きる予定だ。

 こうのとりは、日米欧やロシアなどが参加するISS計画に対し、日本が国際協力する目的で開発され、2009年から10年余りにわたって物資を送り届けてきた。米露の補給船の失敗が相次ぐなかでも成功を積み重ね、高い評価を勝ち取った。21年度以降は、輸送力を強化した次世代機「HTV―X」に引き継がれる。

 新型コロナウイルス感染が懸念されるなかでの今回の打ち上げにあたり、JAXAなどは20日夜、医療従事者らに感謝を示そうと、H2Bを青くライトアップした。

無断転載・複製を禁じます
1231638 0 科学・IT 2020/05/21 02:42:00 2020/05/21 11:50:35 2020/05/21 11:50:35 無人補給船「こうのとり」を搭載し、上昇する国産大型ロケット「H2B」9号機(21日午前2時31分、鹿児島県南種子町で)=木佐貫冬星撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/05/20200521-OYT1I50023-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)