「猿橋賞」にニュートリノ研究の市川温子・京都大准教授

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自然科学分野で優れた成果を上げた女性科学者に贈られる「猿橋賞」の第40回受賞者が23日、市川温子・京都大准教授(49)(素粒子物理学)に決まった。

 市川准教授は、素粒子「ニュートリノ」を使った実験で、宇宙の成り立ちの謎に迫る実験データを取得してきた。茨城県東海村の加速器施設で人工的に作ったニュートリノを、岐阜県飛騨市の装置で検出する実験を主導。12か国約500人からなる国際共同チームの代表を務める。実験データは、宇宙誕生初期の状況を明らかにする可能性があるという。

無断転載禁止
1237406 0 テクノロジー 2020/05/23 22:37:00 2020/05/23 22:37:00 2020/05/23 22:37:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
10000円9000円
NEW
参考画像
クーポンご提示のお客様に粗品プレゼント
NEW
参考画像
4200円3780円
NEW
参考画像
1560円1300円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ