オゾンガス、コロナ感染力低下に効果…医療現場での応用目指す

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

実験に使われたアクリル製のボックス=奈良県立医大提供
実験に使われたアクリル製のボックス=奈良県立医大提供

 奈良県立医大(橿原市)は、オゾンガスに新型コロナウイルスの感染力を失わせる「不活化」の効果があることを実験で初めて確認したと発表した。今後、検証、研究を進め、医療現場などでの応用を目指す。

 同大学の矢野寿一教授(微生物感染症学)らと企業による研究グループが明らかにした。

 発表によると、アクリル製の気密ボックス内のステンレスプレートに、コロナウイルスを塗布。オゾンガスを噴霧し、オゾン濃度1ppmの中に1時間置いたところ、ウイルスは最大100分の1に、6ppmで55分間置くと、最大1万分の1まで感染力が低下したという。

 同大学感染症センターの笠原敬センター長は「実験環境で得られた実証であり、病棟や診察室での応用はこれからの検証、検討が必要になる。消毒はアルコールなどで拭き取ることが第一で、(オゾンガスの効果は)念のために行うものだ」と語った。

無断転載・複製を禁じます
1239590 0 科学・IT 2020/05/25 12:41:00 2020/05/25 12:41:00 2020/05/25 12:41:00 実験に使われたアクリル製のボックス(県立医大提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/05/20200524-OYT1I50024-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ