クルードラゴンがISSに到着、飛行士「滑らかな乗り心地で空調も良い」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

国際宇宙ステーションに到着し、先に滞在していた飛行士たちから迎えられるNASAのロバート・ベンケン飛行士(右から2人目)(NASAテレビから)
国際宇宙ステーションに到着し、先に滞在していた飛行士たちから迎えられるNASAのロバート・ベンケン飛行士(右から2人目)(NASAテレビから)

 【ワシントン=船越翔】米宇宙企業スペースXが開発した有人宇宙船「クルードラゴン」が5月31日午前(日本時間31日深夜)、国際宇宙ステーション(ISS)に到着した。宇宙船に搭乗した米航空宇宙局(NASA)のロバート・ベンケン飛行士(49)はISSから「滑らかな乗り心地で空調も良く、素晴らしい時間を過ごせた」と振り返った。

 ベンケンさんとダグラス・ハーレー飛行士(53)を乗せたクルードラゴンは同月30日の打ち上げ後、19時間飛行してISSにドッキング。両飛行士はISSに入り、滞在中の飛行士と再会を喜んだ。米国の有人宇宙船打ち上げは、2011年に運用を終えたスペースシャトル以来9年ぶりで、ハーレーさんは「米国が宇宙船の打ち上げを再開するのは素晴らしく、計画に参加できて光栄だ」と強調した。

 到着した2人はISSに1か月以上にわたり滞在する予定。ベンケンさんは「滞在中はほかの飛行士の負担をなるべく減らし、ISSで様々な仕事が出来るように努めたい」と語った。帰還後に安全が確認されれば、NASAは本格的にクルードラゴンの運用を始める。次の打ち上げは8月末を目指しており、日本の宇宙飛行士、野口聡一さん(55)らが搭乗する。

無断転載・複製を禁じます
1252794 0 科学・IT 2020/06/01 10:46:00 2020/06/01 13:08:53 2020/06/01 13:08:53 国際宇宙ステーション(ISS)に移動する新型民間宇宙船「クルードラゴン」の搭乗員(奥)(NASAテレビから) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/06/20200601-OYT1I50022-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ