オフィスの飛沫対策、仕切り板は床から140センチ以上で直撃防ぐ…スパコン「富岳」予測

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

床からの高さ120センチの仕切り板で、せきをした時に飛沫が飛ぶ様子(理化学研究所・豊橋技術科学大提供、京都工芸繊維大・大阪大協力)
床からの高さ120センチの仕切り板で、せきをした時に飛沫が飛ぶ様子(理化学研究所・豊橋技術科学大提供、京都工芸繊維大・大阪大協力)

 理化学研究所や神戸大などのチームは、開発中の次世代スーパーコンピューター「富岳ふがく」を使い、オフィスや電車内で飛沫ひまつが拡散する状況などを予測した結果を公表した。新型コロナウイルス対策として、オフィスでは頭の高さまである仕切り板が必要だとした。

 オフィスで4人が2人ずつ向かい合って座ることを想定。口の位置にあたる、床から120センチの仕切り板を置いても、1人が強いせきをすると向かいの席の人に多量の飛沫がかかった。140センチ以上あれば、直撃を避けられ、飛沫量は10分の1以下に減った。隣の席や斜め向かいに座ると、飛沫がかかる量が少ないこともわかった。飲食店にも応用できるという。

 電車内では、窓を左右2か所ずつ20センチ開けると、車内上部の空気に流れが生じて換気が進み、窓を閉めている場合より2~3倍速く空気が入れ替わった。一方、混雑が増すと、低い位置での換気効率は下がった。

床からの高さ140センチの仕切り板で、せきをした時に飛沫が飛ぶ様子(理化学研究所・豊橋技術科学大提供、京都工芸繊維大・大阪大協力)
床からの高さ140センチの仕切り板で、せきをした時に飛沫が飛ぶ様子(理化学研究所・豊橋技術科学大提供、京都工芸繊維大・大阪大協力)

 湿度による予測では、梅雨などの湿った時期は飛沫が蒸発しにくいことを確認。机の上などに付着しやすくなり、机を共有することなどで感染リスクが増すことに注意が必要という。

 理研の坪倉誠チームリーダーは「今後は病院や学校の教室などを対象に、感染リスクを下げるためのポイントを示したい」と話す。

無断転載・複製を禁じます
1289684 0 科学・IT 2020/06/20 19:01:00 2020/06/21 06:06:48 2020/06/21 06:06:48 次世代のスーパーコンピューター「富岳」で予測した、マスクなしでせき込むと、120センチの仕切りを越えて飛沫が飛ぶ様子が分かる(理化学研究所、豊橋技術科学大提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/06/20200620-OYT1I50054-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ