コロナ第2波、下水に手がかり…ウイルス量測って流行前に探知

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 下水中の新型コロナウイルスの量を測り、感染者が増える前に流行を探知する研究が、東京大など全国8大学で進んでいる。東京都や大阪府、北九州市など約30の地方自治体が研究への協力を表明し、一部の地域では下水からウイルス検出に成功した。今後は検出精度の向上が課題で、専門家は「第2波に備えるため、秋までに的確な検出法を確立させたい」と話している。

 ウイルスは感染者の唾液以外に便にも含まれる。3月にオランダのチームが下水からウイルスを検出し、米国や豪州、イタリアも成功した。下水からの感染性は不明だが、世界保健機関(WHO)は「便を介した感染の可能性は低い」との見解を4月に示している。

 新型コロナウイルスは無症状の感染者もいるため、流行の発生をつかむのが難しい。下水でウイルス量を測る技術が確立すれば、下水を管理する地域ごとに監視し、患者が増える前に流行がわかる可能性がある。

残り:8文字/全文:398文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1298192 0 科学・IT 2020/06/24 15:04:00 2020/06/24 15:52:21 2020/06/24 15:52:21 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/06/20200624-OYT1I50044-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ