新型コロナ収束後の気候変動対策、9月上旬に各国閣僚らがウェブ会議

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルス感染症の流行が収束した後、経済復興期に取り組む気候変動対策について、各国の閣僚らが話し合うウェブ会議が9月上旬に開かれる。

 日本が発案・主催する国際会議で、コロナ禍の経済停滞で減る傾向にある二酸化炭素排出量が、収束後の反動で増えないようにするのが狙いだ。事務局を務める環境省が、約200か国・地域に参加を呼びかける。

 流行収束後を見据えた経済支援策の中から、企業に温室効果ガスの削減を促す施策や再生可能エネルギーの導入補助制度など、各国の気候変動対策に関する情報を共有する。会議に合わせてインターネット上で各国の取り組みを紹介し、対策が遅れている国が参考にできるサイトを制作する。

 環境省は「世界で連携して、気候変動対策を加速させるきっかけにしたい」とする。

無断転載・複製を禁じます
1318546 0 科学・IT 2020/07/03 21:37:00 2020/07/03 21:37:00 2020/07/03 21:37:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ