読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

関東上空の大火球か、隕石発見…千葉・習志野のマンションで

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

千葉県習志野市で見つかった隕石(破片二つを組み合わせている)(国立科学博物館提供)
千葉県習志野市で見つかった隕石(破片二つを組み合わせている)(国立科学博物館提供)

 国立科学博物館は13日、千葉県習志野市で隕石いんせきが見つかったと発表した。2日未明に関東地方上空で大火球を引き起こした隕石とみられる。国内で見つかった隕石は53番目で、2018年に愛知県小牧市で発見された「小牧隕石」以来。同博物館は「習志野隕石」として国際隕石学会に登録申請する方針だ。

神奈川県平塚市で観測された大火球(平塚市博物館の藤井大地さん提供)
神奈川県平塚市で観測された大火球(平塚市博物館の藤井大地さん提供)

 見つかったのは破片二つで、大きさは4・5センチ(重さ63グラム)と5センチ(同70グラム)だった。破片同士がかみ合うため、元々は一つの隕石だったとみられる。

 同博物館によると、隕石は習志野市内のマンションで見つかった。2日朝、女性が2階自宅の玄関前の廊下で破片の一つを発見。2日未明、流星の一種である大火球が観測されていたことから、「隕石ではないか」と思った女性らは4日、マンション中庭を調べ、もう一つの破片を見つけた。

 同博物館が破片を分析した結果、放射性物質の特徴から落下して間もない隕石であることが判明した。専門家によると、大火球に伴って爆発音が聞かれたことなどから、今回見つかった隕石のほかにも、複数の隕石が広範囲に散らばっている可能性がある。

無断転載・複製を禁じます
1338768 0 科学・IT 2020/07/13 16:54:00 2020/07/13 18:59:57 2020/07/13 18:59:57 千葉県習志野市で見つかった隕石(破片二つを組み合わせている)(国立科学博物館提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200713-OYT1I50022-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)