新種のエビ発見、国際学術誌に掲載…はさみ脚のトゲなど従来種と相違

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 和歌山県の串本海中公園センターと千葉県立中央博物館は17日、串本町沿岸で新種のエビ「キイカギテシャコエビ」を確認し、動物分類学の国際学術誌「Zootaxa(ズータクサ)」に掲載されたと発表した。

新種のエビと判明した「キイカギテシャコエビ」(駒井・動物学研究科長、平林学芸員提供)
新種のエビと判明した「キイカギテシャコエビ」(駒井・動物学研究科長、平林学芸員提供)

 新種のエビは白みがかった半透明で体長約1センチ。同センターの平林勲学芸員が2018年5月、水深14メートルで見つけた。

 平たいカマのようなはさみ脚(第1胸脚)を持つ「カギテシャコエビ」と判明したが、はさみ脚のトゲの数や大きさなどが従来の種と異なるため、甲殻類に詳しい同博物館の駒井智幸・動物学研究科長に精査を依頼し、新種と判明した。名前は紀伊半島にちなんで名付けられた。

 海底に穴を掘って隠れるので探すのは困難という。平林学芸員は「何とか採集して、謎に包まれた生態を調べたい」と話している。

無断転載・複製を禁じます
1350526 0 科学・IT 2020/07/18 18:53:00 2020/07/18 19:44:29 2020/07/18 19:44:29 新種のエビと判明した「キイカギテシャコエビ」(駒井・動物学研究科長、平林学芸員提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200718-OYT1I50044-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ