読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

NASA火星探査車、30日に打ち上げ…日本の技術者らが独自技術やアイデアで貢献

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=船越翔】火星に生命が存在した痕跡を探すため、米航空宇宙局(NASA)の火星探査車「パーシビアランス」(全長3メートル、幅2・7メートル)が30日、米フロリダ州から打ち上げられる。独自の技術やアイデアで計画に貢献したのが、NASAのジェット推進研究所(JPL)に所属する日本の技術者たちだ。

30日に打ち上げられるNASAの火星探査車「パーシビアランス」のイメージ図(NASA提供)
30日に打ち上げられるNASAの火星探査車「パーシビアランス」のイメージ図(NASA提供)

極寒でも作動

 米カリフォルニア州のJPLは、無人探査計画の開発拠点だ。約6000人が働き、10人ほどの日本人が研究開発に取り組んでいる。

大丸拓郎さん
大丸拓郎さん

 今回、打ち上げられる探査車の重要任務が、火星の地表にある岩石などの採取だ。大丸拓郎さん(31)は、ロボットアームで採った試料を密封・保管する装置の開発を担当。火星の過酷な環境を模し、70度~氷点下110度の気温で試験を重ね、2月に完成させた。

 今も火星で活動する探査車「キュリオシティ」に魅せられ、東北大大学院を経てNASAに転じた大丸さんは「夢だった仕事。わくわくしている」と話す。

安全な経路導く

石松拓人さん
石松拓人さん

 探査車は来年2月に火星に到着し、生命の材料となる有機物などがありそうな場所を目指す。経路選定に携わった石松拓人さん(39)は、これまでの地表の画像情報を基に、安全で効率的なルートを算出した。コンピューターでの計算は、十数万回にも及んだという。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で施設には入れず、打ち上げはテレビで見守る。「多くの人が関わった計画がついに始まる。期待は大きい」と語る。

小野雅裕さん
小野雅裕さん

 探査車は、火星地表の道なき道を地形などを判断しながら、自動走行で進む。小野雅裕さん(37)が探査車の人工知能(AI)の改良に取り組み、時速200メートルで、1日に走行できる距離はキュリオシティの数倍となった。「今回の自動走行が成功すれば、将来の別の探査活動にも役立つ」と期待している。

無断転載・複製を禁じます
1367917 0 科学・IT 2020/07/27 11:18:00 2020/07/30 22:25:08 2020/07/30 22:25:08 7月30日に打ち上げられるNASAの火星探査車「パーシビアランス」のイメージ図(NASA提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200727-OYT1I50034-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)