ロボットが消毒や手荷物運搬、高輪ゲートウェイ駅に9種類導入へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 JR山手線の新駅「高輪ゲートウェイ」(東京都港区)で27日、消毒作業を行うロボットなどの実証実験の様子が報道陣に公開された。

JR東日本が実証実験を始めた手荷物搬送ロボット(手前)と移動支援ロボット(27日午前、東京都港区の高輪ゲートウェイ駅で)=沼田光太郎撮影
JR東日本が実証実験を始めた手荷物搬送ロボット(手前)と移動支援ロボット(27日午前、東京都港区の高輪ゲートウェイ駅で)=沼田光太郎撮影

 JR東日本は同駅を最新技術の発信拠点と位置づけ、ロボットや人工知能の実証実験を行っている。今後、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、消毒や手荷物の運搬などを行う9種類のロボットを順次導入し、9月まで人の少ない時間帯に稼働させ、効果を検証する。

JR東日本が実証実験を始めた軽食・飲料搬送ロボット(27日午前、東京都港区の高輪ゲートウェイ駅で)=沼田光太郎撮影
JR東日本が実証実験を始めた軽食・飲料搬送ロボット(27日午前、東京都港区の高輪ゲートウェイ駅で)=沼田光太郎撮影

 この日は、メーカーの異なる3種類の消毒ロボットが登場。構内を自動で動き、手すりに消毒液を吹きかけて回った。このほか荷物やコーヒーを自動で目的地に運ぶロボットなどもお目見えした。JR東の担当者は「最新技術を用いて、お客様により安心して駅を利用していただくことを目指す」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1367952 0 科学・IT 2020/07/27 11:47:00 2020/07/27 11:47:00 2020/07/27 11:47:00 JR東日本が実証実験を始める手荷物を運搬するロボット(27日午前9時1分、東京都港区の高輪ゲートウェイ駅で)=沼田光太郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200727-OYT1I50038-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ