米宇宙船クルードラゴン、ISS出発…3日未明にフロリダ沖着水予定

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

国際宇宙ステーション(ISS)から分離された米宇宙船「クルードラゴン」(NASA TVから)
国際宇宙ステーション(ISS)から分離された米宇宙船「クルードラゴン」(NASA TVから)

 【ワシントン=船越翔】米民間宇宙船「クルードラゴン」は日本時間2日午前8時半過ぎ、国際宇宙ステーション(ISS)から分離し、地球に向けて出発した。米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士2人が乗っており、3日未明に米フロリダ沖に着水する予定だ。

 クルードラゴンは米宇宙企業スペースXが開発した新型の宇宙船。5月末に打ち上げられ、高度400キロ・メートルのISSにドッキングした。米国の有人宇宙飛行は、2011年に運用を終えたスペースシャトル以来9年ぶり。宇宙船は大気圏に突入した後にパラシュートを開いて減速し、フロリダ沖のメキシコ湾内に着水する。

 安全性の検証などを経て、本格的な宇宙船の運用が始まる。次の打ち上げは早ければ9月下旬に実施予定で、宇宙航空研究開発機構(JAXAジャクサ)の野口聡一飛行士(55)らが搭乗する。21年春の打ち上げには、星出彰彦飛行士(51)が乗ることが決まっている。

無断転載禁止
1381317 0 科学・IT 2020/08/02 08:57:00 2020/08/03 04:08:14 2020/08/03 04:08:14 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200802-OYT1I50033-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ