木星の衛星に直径1万5600キロのクレーター…太陽系で最大級、小惑星の衝突痕か

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

太陽系最大規模のクレーターが見つかった木星の衛星「ガニメデ」(右)と木星の想像図(国立天文台提供)
太陽系最大規模のクレーターが見つかった木星の衛星「ガニメデ」(右)と木星の想像図(国立天文台提供)

 木星最大の衛星「ガニメデ」の表面に太陽系で最大級の直径約1万5600キロのクレーターを発見したと、神戸大などの研究チームが米国の惑星科学誌に発表した。直径約300キロの小惑星が衝突した痕とみられ、衛星形成の経緯を探る手がかりになるとしている。

 米航空宇宙局(NASA)の探査機ボイジャー1、2号と探査機ガリレオが撮影した画像を解析。ガニメデの表面に溝状の地形「ファロウ」が多数あることに注目した。詳細に解析すると、ファロウは同心円を描くように分布し、ガニメデ全体をほぼ覆う巨大なクレーターを形成していることがわかった。直径は、東京から南米ペルーの首都リマまでの距離に相当する。

 データを基にコンピューターで計算をすると、40億年以上前に直径約300キロの小惑星が秒速20キロで衝突したとの結果が出た。衝突で発生した大量の熱エネルギーによって、ガニメデの内部に、岩石や鉄、氷の層が生じた可能性もあるという。

 木星の衛星には2030年頃に新たな探査機を送る計画がある。神戸大の平田直之助教は「木星と衛星の成り立ちは太陽系の誕生に大きく関わっている。次の探査で衝突の影響などの手がかりが見つかるのを期待したい」と話している。

 鎌田俊一・北海道大准教授(惑星科学)の話「ガニメデは金属の核を持つなど太陽系では特にユニークな衛星で、その形成過程の解明につながる重要な発見だ」

無断転載・複製を禁じます
1403791 0 科学・IT 2020/08/12 11:33:00 2020/08/12 14:38:04 2020/08/12 14:38:04 太陽系最大規模のクレーターが見つかった木星の衛星「ガニメデ」(右)と木星の想像図(国立天文台提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200812-OYT1I50028-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ