グリーンランド氷床、過去最高の融解量…北極圏で急速に温暖化

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 北極圏にあるグリーンランドで、2019年に解けた氷床の量が、過去最高の5320億トンに上ったとする研究成果を、ドイツや米国などの国際研究チームがまとめた。地球の平均海面が1・5ミリ・メートル上昇する量だという。

 チームは人工衛星による観測と気候モデルを組み合わせ、融解した氷床の量を推定した。19年に解けた量は、降雪によって増加した氷の1・8倍に上り、これまで最高だった12年の4640億トンを上回った。

 また、1948年以降で解けた氷床の量が多い上位5年は、いずれもこの10年間に集中していた。チームは、北極圏で急速に温暖化が進んでいる結果だとして、警鐘を鳴らしている。

無断転載・複製を禁じます
1426900 0 科学・IT 2020/08/22 14:14:00 2020/08/22 14:14:00 2020/08/22 14:14:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ