首都接近の台風1・5倍に…過去40年分析、太平洋高気圧の張り出し影響

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京に接近する台風の数が過去40年間の分析で約1・5倍に増えたとの結果を、気象庁気象研究所が25日発表した。日本の南側にある太平洋高気圧の張り出しが強まったことが要因と考えられ、今後、地球温暖化との関連についても調べる。

 同研究所の山口宗彦・主任研究官らは、気象衛星ひまわりの1980~2019年の40年分の観測データで、日本に接近した台風を調査。前半の20年と、後半の20年に分け、それぞれの年平均の接近数を比べた。

 その結果、東京や静岡、名古屋、和歌山、高知などで、前半よりも後半の方が年平均の接近数が増えていた。このうち東京では前半が年平均1・55個、後半が同2・35個と約1・5倍になり、調査した主要都市のうち最も増えていたことがわかった。

 同研究所によると、太平洋高気圧が、前半より後半のほうが北に約300キロ・メートル、西に約500キロ・メートル大きく張り出していた。台風が高気圧の縁を回り込むような経路をたどるため、日本の太平洋沿岸部に近づいたとみられる。

 また、東京では、中心気圧が980ヘクト・パスカルより低い、勢力の強い台風が接近するケースが約2・5倍となった。海面水温の上昇や大気中の水蒸気量の増加などが原因と考えられるという。

無断転載・複製を禁じます
1433301 0 科学・IT 2020/08/25 23:43:00 2020/08/26 00:58:28 2020/08/26 00:58:28 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200825-OYT1I50084-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ