【独自】台風9・10号、北米寒波に影響か…ジェット気流の蛇行招く

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 9月上旬に九州西岸を相次いで北上した台風9号、10号が、米国中西部で起きた寒波の遠因となったとみられることが、北海道大の見延庄士郎みのべしょうしろう教授(気候学)の分析でわかった。台風が北半球を東西に流れるジェット気流を大きく蛇行させ、北米大陸の大気の流れを変えた可能性があるという。

 二つの台風は、2日から7日にかけて九州西岸を連続して通過した。米気象局によると、中西部はこの時期としては異例の寒波に見舞われ、コロラド州デンバーでは5日(現地時間)の最高気温は約38度の猛暑だったが、8日午前(同)には気温が0度前後まで急低下した。

 見延教授は米海洋大気局の気象データを入手し、北緯30~60度の上空を南北方向に蛇行しながら東向きに流れているジェット気流の動きを解析。二つの台風が九州西岸を進んで朝鮮半島付近に達した後、蛇行の振れ幅が通常より強まったことを確認した。

 分析の結果、8日頃には気流が米アラスカ付近からカナダ北部を経て南下し、米中西部へと深く進入する経路を取ったことが判明。見延教授によると、二つの台風の激しい上昇気流でジェット気流が蛇行を強め、北側の寒気を南側へ引き込んだとみられるという。

 榎本剛・京都大教授(気候力学)の話「台風は激しい気象現象なので、周りの大気の流れや温度に大きな影響を与える。今回は台風通過後にジェット気流が蛇行し、異常気象の連鎖を引き起こしたと言える」

無断転載・複製を禁じます
1465158 0 科学・IT 2020/09/09 15:00:00 2020/09/10 09:08:19 2020/09/10 09:08:19 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200909-OYT1I50036-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ