読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「H3」1号機打ち上げ、21年度に延期…燃焼試験後にタービンのひび見つかる

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

1号機の打ち上げが2021年度に延期された次期主力ロケット「H3」(イメージ、JAXA提供)
1号機の打ち上げが2021年度に延期された次期主力ロケット「H3」(イメージ、JAXA提供)

 宇宙航空研究開発機構(JAXAジャクサ)は11日、今年度後半に予定していた国産の次期主力ロケット「H3」1号機の打ち上げを、2021年度に延期すると発表した。開発中の第1段エンジンの燃焼試験後、推進剤の液体水素を送り込むタービンにひびが見つかり、再設計などが必要になったためという。

 H3は、現在の主力ロケット「H2A」の後継機。JAXAと三菱重工業などが開発を進めており、2~5月に種子島宇宙センター(鹿児島県)で新型エンジンの燃焼試験を8回実施した。

 ひびが見つかったのは、タービンの動翼の一部。エンジンを運転中に振動が大きくなる「共振」が起き、強度が低下したとみられる。対策として、タービンを設計し直し、効果を検証する。

 このほか、燃焼室の内壁からも、14か所の穴(最大幅0・5ミリ、長さ1センチ程度)が確認された。内壁が1000度近くまで高温になり、変形したとみられる。冷却機能を強化し、内壁の温度上昇の低減を図る。

 JAXAの山川宏理事長は、11日の記者会見で「エンジンの技術的な課題への対応は、万全を期すべきだと判断した」と話した。21年度に予定していた2号機の打ち上げも、22年度にずれ込む見通しという。

無断転載・複製を禁じます
1470649 0 科学・IT 2020/09/11 15:04:00 2020/09/11 21:17:51 2020/09/11 21:17:51 1号機の打ち上げが2021年度に延期された国産の次期主力ロケット「H3」(イメージ、JAXA提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200911-OYT1I50057-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)