はやぶさ2、次は「地球と火星の間の小惑星へ」…「1998KY26」水や有機物に富む可能性

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 萩生田文部科学相は15日の閣議後の記者会見で、小惑星探査機「はやぶさ2」が今年12月に地球に最接近した後、新たな探査先として、地球と火星の間を回る小惑星「1998KY26」を目指すと正式に発表した。

 1998KY26は直径約30メートル。はやぶさ2が探査したリュウグウと同様、水や有機物に富む小惑星の可能性がある。どのような物質で形成されているのかなどをカメラで調査する。

 はやぶさ2は12月5日、地球に接近し、リュウグウで採取した試料が入ったとみられるカプセルを豪州の砂漠地帯に向けて分離する。探査機は、その後も飛行を続け、1998KY26を目指す。到着は2031年7月の見通しだ。

無断転載・複製を禁じます
1477971 0 科学・IT 2020/09/15 11:25:00 2020/09/15 11:40:52 2020/09/15 11:40:52

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ