読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

鹿児島の離島に「海生ワニ類」、8千万年前の地層から歯の化石…国内2例目

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

海生ワニ類のイメージ図(徳川広和さん作成)
海生ワニ類のイメージ図(徳川広和さん作成)

 鹿児島県薩摩川内市は16日、同市の離島・下甑島しもこしきしまの約8000万年前(白亜紀後期)の地層から、海に生息していた「海生ワニ類」の歯1本の化石が見つかったと発表した。国内では北海道に次ぐ2例目。アフリカや南米などでも発見例があるが、日本を含む北太平洋沿岸地域では珍しいという。

発見された海生ワニ類の歯の化石(鹿児島県薩摩川内市で)
発見された海生ワニ類の歯の化石(鹿児島県薩摩川内市で)

 国立科学博物館などでつくるチームが2018年に調査し、北九州市立自然史・歴史博物館の御前みさき明洋学芸員が発見した。特徴的な形状から、海生ワニ類の歯と判断した。長さ約2・5センチ、幅約1・1センチの円すい形で、全長3~4メートルの個体のものとみられる。

 国立科学博物館標本資料センターの真鍋真センター長らによると、ワニの仲間は約2億2000万年前から生息し、一部が陸から海に移って海生ワニとなった。魚が取りやすいように、口先がとがっていたものもいたとされる。

無断転載・複製を禁じます
1483687 0 科学・IT 2020/09/17 10:07:00 2020/09/17 10:07:00 2020/09/17 10:07:00 甑島で見つかった海生ワニ類の歯の化石(9月16日午後5時10分、薩摩川内市役所で)=姫野陽平撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200917-OYT1I50035-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)