読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

活火山ないのに100度近い湯湧く温泉、その仕組みは…

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 近畿地方には活火山がないのに、有馬温泉(神戸市)で100度近い湯が湧く仕組みを解明したと、神戸大などのチームが発表した。近畿地方の地下に沈み込むフィリピン海プレート(岩板)内の水分子が浅い地下で温泉になり、マグマができないという。論文が英科学誌サイエンティフィック・リポーツに掲載された。

 プレート内部には海水由来の水分子が閉じ込められている。地下100キロ・メートル程度でプレートから水分子が出ると、地熱とともに周囲の岩石を溶かしてマグマになり、火山ができる。

 たつみ好幸・神戸大教授(マグマ学)らは、有馬温泉の源泉の塩分濃度が高いことに着目。プレート内の海水由来の水分子が温泉のもとになっているとみて、地下の状態をコンピューターで解析した。

 その結果、近畿地方では沈み込むプレートの温度が元々高く、地下約60キロ・メートルで700度の高温に達し、この付近でプレートから水分子が放出されて温泉になることがわかった。この結果、地下100キロ・メートル付近では水分子が少なくなってマグマができず、活火山ができないという。

 川本竜彦・静岡大教授(マントル流体論)の話「プレートの温度と有馬温泉との関係を分かりやすく示した成果だ。プレートの温度は地震活動を考える上でも重要で、今後の研究にも注目したい」

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1498207 0 科学・IT 2020/09/24 14:08:00 2020/09/24 15:33:45 2020/09/24 15:33:45 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200924-OYT1I50045-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)