野口聡一さん搭乗の米民間宇宙船、打ち上げ延期…ロケットに不具合

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

米民間宇宙船クルードラゴンを搭載する予定の大型ロケット「ファルコン9」。エンジンの一部に不具合が見つかった(NASA提供)
米民間宇宙船クルードラゴンを搭載する予定の大型ロケット「ファルコン9」。エンジンの一部に不具合が見つかった(NASA提供)

 【ワシントン=船越翔】米航空宇宙局(NASA)は10日、野口聡一・宇宙飛行士(55)ら日米の飛行士4人が搭乗する米民間宇宙船クルードラゴンの打ち上げを、当初予定していた31日から11月上旬以降に延期すると発表した。宇宙船を搭載する大型ロケット「ファルコン9」に不具合が見つかったためとしている。

 NASAによると、最近行われたファルコン9の打ち上げで、エンジンの機器の一部が正常に作動せず、追加の点検作業が必要になったという。野口さんは「安全確保のために必要な準備と考え、我々も引き続き訓練に励みたい」とツイッターに書き込んだ。

野口聡一さん
野口聡一さん

 米宇宙企業スペースXが開発したクルードラゴンは、地球と国際宇宙ステーション(ISS)を往復する今年5~8月の有人試験飛行に成功し、今回が初めての本格運用となる。米フロリダ州のケネディ宇宙センターから打ち上げられ、野口さんたちはISSに半年間滞在する予定だ。

無断転載・複製を禁じます
1538959 0 科学・IT 2020/10/11 08:07:00 2020/10/12 11:09:32 2020/10/12 11:09:32 3回目の宇宙飛行に向けて抱負を語る宇宙航空研究開発機構(JAXA)の野口聡一宇宙飛行士。米国の新型宇宙船に2020年以降、日本人として初めて乗ることが決まった。茨城県つくば市のJAXA筑波宇宙センターで。2019年8月5日撮影。JAXAはは31日、宇宙飛行士の野口聡一さんが米宇宙企業スペースX社が開発中の有人宇宙船「ドラゴン」に搭乗し、国際宇宙ステーション(ISS)に向かうと発表した。2020年4月1日朝刊「野口さん「ドラゴン」搭乗」掲載。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201012-OYT1I50005-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ