船のように浮く「耐水害住宅」、公開実験…水が引くと元の場所に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

浮き上がった耐水害住宅(右)。左は水没した通常の住宅(13日、つくば市で)
浮き上がった耐水害住宅(右)。左は水没した通常の住宅(13日、つくば市で)

 防災科学技術研究所(茨城県つくば市)などは13日、水上に浮き上がる「耐水害住宅」の公開実験を行った。河川の氾濫など水害の発生時に、住宅への浸水を防ぐ効果を見込んでいる。

 豪雨や洪水を再現できる施設を使い、巨大な水槽に深さ3メートルまで水を入れながら実験した。通常の住宅は、水位が約0・6メートルに達した段階で玄関などから床上浸水し、最終的に1階の天井まで水が達した。耐水害住宅は船のように浮き、1階部分の浸水を免れた。

 耐水害住宅は住宅メーカー「一条工務店」(東京)と開発した。換気口や下水管に弁を設置するなどし、家の基礎部分から水が入らないようにする技術を確立。今年に入り、水に浮く仕組みも完成させた。

 耐水害住宅は周囲が水で満たされても、弁の働きなどによって基礎部分からは水が入らない。この結果、室内が空間となって浮力が生じ、建物部分が浮かび上がる。1階部分が水面の上に出て、室内への浸水も防ぐことができるという。

 建物の下部には、四隅に強力なバネが取り付けられている。バネは地面に設置したポールに固定されており、浮いた住宅が濁流に流されることを防ぐ。水が引くと、建物はバネに引っ張られ、ほぼ元通りの場所に戻る構造だ。

 実験は14日まで続ける。水槽に水を満たした状態を保ち、浸水の有無を確認。14日に水を抜いて、戻り具合を確認する予定だ。

 国土交通省によると、全国では2018年、住宅約6万3000棟が水害で全壊・流失したり、浸水したりする被害を受けた。被害額は、家屋の修理だけでも約4200億円に上る。

無断転載・複製を禁じます
1547840 0 科学・IT 2020/10/14 18:16:00 2020/10/14 18:59:37 2020/10/14 18:59:37 浮き上がった耐水害住宅(右)。左は水没した通常の住宅(つくば市で)=菊池結貴子撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201014-OYT1I50036-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ