月探査ルール「アルテミス合意」、日米欧など8か国署名…採取資源の所有・利用容認

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日米欧など8か国は14日、月探査で採取した宇宙資源の利用などに関する基本原則「アルテミス合意」の署名式を行った。米国主導の月探査「アルテミス計画」に関する初めての国際枠組みで、他国の活動に干渉しない「安全区域」の設定など、月探査の基本ルールを盛り込んだ。

 署名は13日付。2024年までに宇宙飛行士を再び月面に送るアルテミス計画に参加・協力する日本、カナダ、英国、イタリア、オーストラリア、ルクセンブルク、アラブ首長国連邦と米国の計8か国が合意した。

 14日未明に行われたオンライン署名式には、日本から井上科学技術相と萩生田文部科学相が参加。井上科技相は「将来の国際ルール作りにとって大きな指針となる」とビデオメッセージを寄せた。米航空宇宙局(NASA)のジェームス・ブライデンスタイン長官は「アルテミス計画は歴史上最も多様な国際宇宙探査連合となる」と歓迎した。

 合意文書は13項目で構成され、宇宙の平和利用原則の下、月面で採取した水や鉱物などの資源を所有・利用することを容認。このほか、飛行士が遭難した場合の助け合いや科学的データの共有など、探査活動中のルールを定めた。

無断転載・複製を禁じます
1546481 0 科学・IT 2020/10/14 10:39:00 2020/10/14 14:36:10 2020/10/14 14:36:10

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ