エーゲ海、複数プレートが衝突・地盤にひずみ…トルコ沖M7地震

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 エーゲ海で30日に起きたマグニチュード(M)7・0の地震の震源周辺は、複数のプレート(岩板)が衝突しており、日本と同様、地盤にひずみがたまりやすくなっている。トルコの地震に詳しい東京工業大の山中浩明教授(地震工学)は「トルコ周辺でも、地震のリスクが最も高い地域の一つ」と指摘している。

 トルコはユーラシア、アラビア、アフリカの大きなプレートに囲まれ、広い地域が「アナトリアプレート」という小さなプレートの上にある。山中教授は「震源付近にM6~7級の地震を起こす活断層が多数あり、その中でも最大級の規模の地震だ。トルコでは耐震性が乏しい古い建物がまだ多く、比較的小さな揺れでも被害が出やすい」と話した。

 トルコには、同国の北側を東西1000キロ・メートル以上にわたり横断する「北アナトリア断層」があり、1999年にM7級の地震が発生して約1万7000人の死者を出した。

無断転載・複製を禁じます
1592577 0 科学・IT 2020/10/31 15:00:00 2020/10/31 17:44:16 2020/10/31 17:44:16 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201031-OYT1I50042-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ