野口聡一さん乗せた米民間宇宙船クルードラゴン、打ち上げ成功…16日深夜にISS到着

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ケネディ宇宙センター(米フロリダ州)=船越翔】米航空宇宙局(NASA)は15日午後7時27分(日本時間16日午前9時27分)、日本の野口聡一・宇宙飛行士(55)ら4人を乗せた米民間宇宙船「クルードラゴン」を、フロリダ州のケネディ宇宙センターから打ち上げた。宇宙船は約12分後に予定の軌道に投入され、打ち上げは成功した。国際宇宙ステーション(ISS)への到着は16日深夜(同17日昼)の見通しだ。

米民間宇宙船「クルードラゴン」に向かう途中で関係者に手を振る野口聡一さん(米フロリダ州のケネディ宇宙センターで)=AP
米民間宇宙船「クルードラゴン」に向かう途中で関係者に手を振る野口聡一さん(米フロリダ州のケネディ宇宙センターで)=AP

 野口さんの宇宙滞在は、2005年、09~10年に続いて3回目。日本の飛行士として初の民間宇宙船の搭乗となった。また、08年に53歳でISSに行った土井隆雄飛行士を上回り、日本人最年長での宇宙滞在となる。野口さんは半年間の滞在期間中、米国の飛行士らと、日本の実験棟「きぼう」での医学実験や超小型衛星の放出などに取り組む。

米フロリダ州のケネディ宇宙センターで15日夜、野口聡一さんが搭乗する米民間宇宙船を載せたロケットが打ち上げに成功した(ロイター)
米フロリダ州のケネディ宇宙センターで15日夜、野口聡一さんが搭乗する米民間宇宙船を載せたロケットが打ち上げに成功した(ロイター)

 クルードラゴンは、船内装置にタッチパネル方式を採用した最先端の宇宙船で、電気自動車大手「テスラ」などを手がける実業家イーロン・マスク氏の米宇宙企業スペースXが開発した。

 今年5~8月に実施された有人飛行試験で地球とISSの往復に成功した。2回目の有人飛行となる今回は、定期的に飛行士を運ぶ運用段階開始との位置付けで、米国での民間有人宇宙開発が本格化することになる。野口さんの同僚の星出彰彦飛行士(51)も来春、クルードラゴンに搭乗することが決まっている。

 日米宇宙飛行士のISSへの輸送手段をめぐっては、11年のスペースシャトル引退以降、ロシアのソユーズ宇宙船に依存してきた。NASAは、ソユーズの搭乗料が高額で、打ち上げ時期も自由に選べないことから、14年にスペースXなど2社に委託し、新たな有人宇宙船の開発を進めてきた。

無断転載・複製を禁じます
1629025 0 科学・IT 2020/11/16 09:34:00 2020/11/16 12:26:21 2020/11/16 12:26:21 Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA) astronaut Soichi Noguchi gestures as the crew of a SpaceX Falcon 9 rocket departs for the launch pad for the first operational NASA commercial crew mission at Kennedy Space Center in Cape Canaveral, Florida, U.S. November 15, 2020. REUTERS/Joe Skipper https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201116-OYT1I50018-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ